精神障害の特性|アルコール依存症

こんにちは。サンクスラボ株式会社 サテライトラボ担当@松山です。


サテライトラボ」で働く障がい者の方にも、時折みられる「アルコール依存症」。

「多量飲酒」と言われ、厚生労働省「健康日本21」の中で「1日平均60gを超える飲酒」と定義され、1日60gというと、ビール中瓶3本、25度焼酎300ml、日本酒3号弱に相当しますが、皆さんはいかがでしょうか。


男性に多い思われがちなアルコール依存症ですが、近年、女性や高齢者のアルコール依存症も増加傾向にあるといわれ、女性の社会進出を起因としたケースや、定年後に依存症になるケースが多いようです。



アルコール依存症では下記の症状が特徴的で、それにより「離脱症状(以前は禁断症状と呼ばれていた症状)」が現れます。

  • 飲酒のコントロールが出来ない

  • 脱水症状

  • 飲酒による健康上の問題があるが断酒ができない


 <離脱症状:軽度・中等症> 

  • 手が震える

  • 発汗(特に寝汗)

  • 嘔気、嘔吐

  • 動機

  • 睡眠障害(眠れない、睡眠の途中で起きる、悪夢)

  • 不安やうつ状態

  • イライラして落ち着かない

  • 暴力や暴言を吐く

 <離脱症状:重症> 

  • 重症

  • けいれん発作

  • 幻聴、幻覚



発症後、入院治療やリハビリを経て、社会復帰へ移行しますが、アフターケアで大切なことが「通院」「抗酒薬の服用」「断酒会などの自助グループへの参加」といわれており、より良い転帰に関係するのが下記の要因とされているようです。

  • 配偶者がいる

  • 仕事に就いている

  • 治療前の飲酒量が少ない

  • 入院回数が少ない

  • 治療に対する姿勢


「仕事に就いている」ことが「治療に対する姿勢」を向上させる要因にもなり得るので、私たちサポートスタッフもアルコール依存症を患った経験のある方へ、継続して仕事に就いていただけるよう支援しております。


アルコール依存症の継続的な治療を受けながら、社会復帰をされる方が、安心して働ける環境作りを行うことで依存症から脱却できるよう、周り方にもアルコール依存症を知り、理解を深めていただければと思います。


(参照:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス|アルコール依存症」)


tllogo.png

TEL:098-894-2285

平日 10:00~18:00

Copyright © 2019 thankslab Inc. All Rights Reserved.