「生活様式の変化」でストレスはありませんか?

こんにちは。サンクスラボ株式会社 サテライトラボ担当@松山です。

新型コロナウイルスなどの感染症対策として、「マスク着用」「身体的距離の確保」「正しい手洗い」について記載してきました。

新型コロナウイルスの流行拡大によって、学校や職場へ行くことや、外出自粛が発令され、ご家族で過ごす時間が増えたことで、生活環境の変化が生まれたのは周知の事実です。

その中で、今まで子供を学校へ送り出して家事をしていた方は、子供の勉強を見ながら家事をしたり、家族分のお昼ご飯を作るなど、今までとは違った生活環境下での家事労働により、精神的ストレスを感じるようになったり、児童虐待や家庭内DV(ドメスティックバイオレンス)も増加しているようです。

厚生労働省でも注意喚起しており、ストレスに感じた場合の子供への対応や、DVによる避難事例などの資料や、SNS相談窓口が設けられています。

生活環境の変化等でストレスを抱えている方へ

SNS心の相談について

自分自身では気が付かないうちに、ストレスをため込んでいることもありますから、ご自身にあてはまるものはないか、一度資料に目を通しておくことをお勧めいたします。また、児童虐待や家庭内DVも、身近で起こっている可能性もありますので、「少し疑わしいな」と感じた時は声かけをしてみても良いかもしれません。

日常生活の過ごし方が変化した今、感染症対策ももちろんですが、精神的ストレスへの配慮も忘れず、自分らしく過ごせる環境作りに取り組んでいきましょう。

(参照)厚生労働省:国民の皆さまへ (新型コロナウイルス感染症)

無料相談・資料請求

098-894-2285平日10:00〜18:00